JR高速バス・JR夜行バス

格安高速バス、夜行バスはオリオンバス

日本全国を結ぶ高速バス・夜行バスの最大手「JRバス」

国鉄が分割民営化された1年後の1988年に「ジェイアールバス東北」「ジェイアールバス関東」「ジェイアールバス東海バス」「西日本ジェイアールバス」「中国ジェイアールバス」の5社が誕生しました。

 

北海道と四国、九州に関しては、他の地域でジェイアールバスが誕生してからもしばらくはJR直営での形態が続いていましたが、2000年に「ジェイ・アール北海道バス」が、2001年に「ジェイアールバス九州バス」が、2004年に「ジェイアール四国」がそれぞれ誕生し、日本を8つの地域に分けた今のジェイアールバスグループの形態となりました。

 

社名がすべて「ジェイアール」となっているのは、「JR」というアルファベット表記では商号登録ができなかったためです。そのため各社の正式名称はいずれも「ジェイアール」となっています。

 

その後JRバスは、鉄道会社のJRから分社化してすでに20年以上が経過していますが、高速道路の拡大に比例して、鉄道の補填ではなく、独立した交通網として確立されてきました。今では全国どの高速道路でも“ツバメマーク”のバスを見ることができます。

 

高速バスの魅力の一つは「運賃の安さ」ですが、最近では車両バリエーションも充実し、超豪華仕様のプレミアムシートやスーパーリラックスシートを装備したダブルデッカー車や、女性の利用者に評判の女性専用車両やレディースシート装備車、東京〜大阪が最安値2,100円の超特割青春号など、時間や予算の余裕と、出発地・目的地の違いで、ぴったりのバスタイプが選べるようになりました。

 

さらに、JRバスでは観光色が豊かな路線バスも運行していて、高速バスから路線バスへの乗り継ぎができるバスの旅を楽しむこともできるようになりました。

 

 

高速バスの運行開始から40年以上

 

日本の高速バスの歴史は東京〜大阪から始まっています。1969年に東名高速道路・名神高速道路が全通すると、国鉄では夜行の高速バス「ドリーム号」を、東京〜大阪・京都、東京〜名古屋で運行を開始しました。これが日本で最初の夜行高速バスです。

 

夜行列車の普通席と比べてはるかに快適なリクライニングシートなのに運賃は同じくらい。これが世間で人気をよび、出張や旅行など、高速バスは日本全国で幅広く利用されるようになりました。

 

以来、高速道路網の発達やバス車両の改良とともに、利用者のニーズも多様化しました。現在では、運行時間帯やシートなどの装備、運賃の異なる様々な高速バスが日本全国を走行しています。

 

今ではたくさんのバス会社が格安料金で高速バス・夜行バスを運行しているため、いざ予約しようと思ってもどのバス会社が一番お得なのか分からないといったことが多いようです。

 

そんな時は格安の高速バス夜行バス会社を比較したサイトを利用すると自分にピッタリのバス会社を見つけることができるので便利です。

バス市場


ホーム RSS購読 サイトマップ