初めてのJR高速バス乗車

格安高速バス、夜行バスはオリオンバス

初めてJR高速バスを利用する方は乗車券や乗り場を事前にチェック

現在、昼行便の高速バスと深夜便の夜行バスは全国で1,500系統以上が運行されています。この高速バスを利用している最大手のバス事業者がJRバス各社です。そんなJRバス各社の中でもJRバス関東と西日本JRバスは、日本有数の高速バス事業者といっても過言ではありません。

 

JRバスが運行している高速バスに乗車するには一部の路線を除き乗車券が必要となります。そして乗車券を購入した後はまずはバス乗車場所の確認をしっかりとしましょう。特に東京や大阪などの大都市では複数の起終点があるので注意しましょう。

 

東京では東京駅、新宿駅、新木場駅、王子駅などがあり、一方、大阪でもJR大阪駅桜橋口のほか、新大阪駅新御堂、天王寺駅前、湊町バスターミナル、なんば高速バスターミナルなど、地元の人でも分かりにくいような乗り場もあり、事前にしっかりと調べておくと乗車当日に迷わずに済みます。

 

バス乗り場の詳細な情報は、バス会社に直接聞くのが一番ですが、行ったことのない場所を電話やメールで説明されても分からない場合が多々あります。

 

そこでおすすめの方法なのが、バス乗車券を販売している窓口にある、乗り場の詳細な情報などが書かれたパンフレットです。また、直接窓口に行けない人は、各社のホームページにもバス乗り場の地図や詳細が掲載されているのでしっかりと確認して快適な高速バスの旅にしましょう。

 

次にバスに乗車したら必ずしなければならないことがあります。それはシートベルトを装着することです。現在、高速道路上では乗務員だけではなく乗客もシートベルトの着用が義務づけられているので、バスを降りるまではシートベルトをしっかりと着用しましょう。

 

なお、サービスエリアなどでの休憩がある路線では休憩時間が10〜15分程度しかなく、トイレに行って一服したら休憩時間は終了してしまうので、食事などはバスに乗る前に済ませるようにしましょう。また、バス車内で食べる軽食なども事前に購入しておくようにしましょう。

バス市場


ホーム RSS購読 サイトマップ